学会・研修会・講習会情報

腰部・骨盤・股関節に対する徒手的理学療法の理論と実際

腰部・骨盤・股関節は臨床でも頻度の高い運動器疾患の一つである。しかし、柔道整復師・カイロプラクテック・その他の民間療法を含め、様々な職種がこれらの改善に取り組んでいる。競合の中で理学療法士がシェアを広げることは重要と考える。今回の講習会における到達目標は、当該部位の生理・解剖・運動学を理解し、主に可動域拡大と運動療法・運動学習の新たな方法を学び臨床で実践できることとする。
1コマ目:パリスアプローチのインストラクターによる腰部・骨盤の解剖・生理・運動学の講義。2コマ目:当該部位の治療手技、動画による実技伝達。3コマ目:股関節伸展可動域拡大を目的とした治療手技の提示。4コマ目:フェルデンクライスプラクディショナーによる、ATM:Awareness Through Movementを用いた運動体験(ヨガやピラティスのように、受講生は講師の口頭指示に従い動き腰部・骨盤・股関節の運動を体験すること)により先の3つの実技を臨床にて使用できるよう学習する。

講師:
増井 健二(堺若葉会病院)
森憲一(おもて整形外科・骨粗鬆症クリニック)

イベント名称

腰部・骨盤・股関節に対する徒手的理学療法の理論と実際

開催日時

2022年5月14日 (13:20開始 19:40終了)

開催場所

オンライン開催

対象

理学療法士 4年目~40年目

定員

40名程度

参加費

会員4000円  その他・非会員8000円
※他職種の場合、職種の主とする協会団体に所属している方(例 作業療法士=日本作業療法士協会)は、会員価格。非会員は非会員価格となります。

備考

登録理学療法士の更新に必要な区分7 89(徒手理学療法)において6ポイント、専門・認定理学療法士の更新に必要な6点が取得できます。(登録理学療法士または専門・認定理学療法士どちらの更新に使用するかはご自身で決めていただきます。)

申込期間

2022年5月6日(金)正午まで

申込方法

事前申込

理学療法士協会所属で、前期・後期研修が未修了(登録理学療法士未取得)の方は、受講可能ですがポイント・点数の付与ができません。ご理解の上、お申し込みをいただきますようお願い申し上げます。
御参加に際しては、事務局で入室時間を管理しております。入室時間が研修時間に満たない場合(30分以上の遅刻・早退)、ポイント付与対象外となります。
振り込み期限:申し込みより1週間以内。振り込みが確認できない場合は、キャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
本講習会へのフォーム入力後、振込先が自動返信されます。期日までの振り込みをもって受講決定と致します。
研修申込み後のキャンセルに伴う返金はできせん。
何卒ご理解のうえ、ご予定が確定された段階でのお申込みをお願いします。
詳細は申し込みHPをご確認ください。

申込ページ
お問い合わせ先

腰部・骨盤・股関節講習会事務局
seminar.osk@gmail.com