大阪府民へ質の良い理学療法サービスを提供するため、理学療法士が身に付けるべき人格、倫理、学術技能の研鑽を支援し、学術事業に特化した組織です。

プライバシーポリシー

個人情報の保護に関する基本方針

一般社団法人大阪府理学療法士会生涯学習センター(以下「当センター」と言います)は個人情報取扱いについて、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守し、適切に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

1. 個人情報の定義

個人情報とは特定の個人を識別出来る情報であり、「氏名」、「生年月日」、「住所」、「電話番号」、「メールアドレス」その他の記述等により特定の個人として識別する
ことができる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含みます。)及び個人識別符号、保有個人データ等法令において個人情報とみなされるものを言います。

2. 個人情報等の適切な収集、利用、提供、委託

当センターは当センター並びに公益社団法人大阪府理学療法士会と大阪府理学療法士会市区町村理学療法士会の事業推進に必要な範囲で、且つ適法で公正な手段により個人情報を取得するとともに、すべての個人情報について、個人情報保護法が定める例外を除き、利用目的を明示した上で必要な範囲の情報を適正に収集し、利用目的を通知し、又は公表し、その範囲内で適正に利用します。

(2) 個人データは、次の場合を除き、第三者に提供し、又は開示することはしません。
① あらかじめ本人の同意を得た場合
② 法令の規定に従い、提供又は開示する場合
③ 人の生命、身体又は財産の保護のため必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
④ 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
⑤ 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
⑥ 当センターが学術研究機関等に該当する場合であって、当該個人データの提供が学術研究の成果の公表又は教授のためやむを得ない場合(個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます。)
⑦ 当センターが学術研究機関等に該当する場合であって、当該個人データを学術研究目的で提供する必要がある場合(当該個人データを提供する目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます。)(当センターと当該第三者が共同して学術研究を行う場合に限ります。)
⑧ 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要がある場合(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれが ある場合を除きます。)

(3) 個人データを第三者に委託して利用する場合は、当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、また、委託先への適切な監督を行います。

(4) 上記のほか、当センターは、個人情報を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律その他個人情報保護に関する諸法令に関し、個人情報保護委員会及び所管官庁が公表するガイドライト類に定められた義務、並びに本ポリシーを遵守します。

(5) 公益社団法人大阪府理学療法士会及び各大阪府理学療法士会市区町村理学療法士会との間で会員個人情報を相互に利用します。

3. 個人情報の第三者への預託

当センターは事業推進のため、または個人情報保護のために、個人情報を第三者に預託する場合があります。個人情報を預託する場合には、預託先における適切な取扱いを確保するために契約を締結し、その取扱い状況の点検等を行います。

4. 個人情報の安全管理措置

当センターは、当センターが保有するコンピュータネットワークに対する、当センター内外からの不正アクセス(権限のない者のアクセス)を防止するため必要な措置を講じるとともに、必要な防止措置のあり方について継続的に調査と検証を行います。
また、コンピュータ管理されているか否かに拘わらず、すべての個人情報等が滅失、改ざんまたは漏えいされないよう、施設の状況や個人情報等の管理・利用の実態を検分した上、役職員等に対して研修を実施するとともに、適切に指導・監督を行うなどして、個人情報等の安全管理措置を徹底させます。また、これらの安全確保に係る事態が生じたときは、個人情報保護法及び下位法令並びに関係するガイドラインの定めるところに従います。

5. 改善措置

個人情報等の取扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するよう努めます。また、必要に応じてこの方針を始め本会の規則等の変更、修正又は追加を行うなどして、運用の改善に努めます。

6. 個人情報等の開示、訂正請求等への対応、苦情の処理

当センターは、本人から、保有個人データの開示、訂正等及び利用停止等を求められた場合並びに第三者提供記録の開示を希望される場合は、合理的な範囲で速やかな対応を心がけます。本人の請求に応じられない場合でも、できるだけ丁寧にその理由を説明する努力を致します。また、個人情報等の取扱いに関する苦情を受付ける窓口を設け、苦情を受けた場合には、それを真摯に受け止めて事後の個人情報等の取り扱いに役立てます。

問い合わせ窓口

本件に関し、当センターにご照会頂く場合は当センター事務局までお問い合わせください。その際にはご照会者がご本人であることを確認させて頂いた上で対応させて頂きますので、予めご了承願います。

一般社団法人大阪府理学療法士会生涯学習センター事務局
〒540-0028 大阪市中央区常磐町1-4-12 常盤セントラルビル301号内
E-mail: ccpd@pt-osk.or.jp

一般社団法人大阪府理学療法士会生涯学習センターが保有する
個人情報データベースと利用目的

1. 会員登録情報・会員管理に関するデータ

当センターの規程・規則・細則に定めのある事務手続、事業その他の当センターの活動全般(部会・委員会及びそれに準ずる諸活動)について利用します。また、業務の必要により、必要な限度で公益社団法人大阪府理学療法士会、各大阪府理学療法士会市区町村理学療法士会および都道府県理学療法士会に情報を提供する場合があります。なお、当センターでは、公益社団法人大阪府理学療法士会及び大阪府理学療法士会市区町村理学療法士会との間で会員個人情報を相互に利用します。

2. 研修会・講習会・学会等の参加者データ

当センターが主催・共催する研修会・講習会・学会等の参加者の管理事務を目的とします。当センター主催・共催の催し物等の案内をお送りする場合があります。

3. 経理処理関係データ

講師料に係る源泉徴収票および支払い調書作成のためマイナンバーカードの提出を求める場合があります。また。学会等の参加申込みのための決済代行システム情報や、活動費支給等、経理事務遂行を目的として必要な範囲で利用します。

4. メーリングリスト

役員、各部・委員会等のメーリングリストは、それぞれの管理者が管理し、活動等に利用します。

5. 代議員データ

総会に関する事務に必要な範囲で利用します。

6. センターウェブ会員データ

メールマガジン等を通じて学術情報案内の範囲で利用します。

7. 利用目的の変更があったもの

利用目的に変更があったときは、本ページの内容を随時更新します。

令和4年4月1日改定
一般社団法人 大阪府理学療法士会生涯学習センター