学会・研修会・講習会情報

府士会員、センター会員、市区町村士会員の学術活動、臨床活動、研究活動に資する、学会・研修会・講習会等の開催情報を掲載しています。

1月
26
令和3年度 泉佐野市・田尻町理学療法士会 研修会
1月 26 @ 6:30 PM – 8:00 PM

テーマ:疼痛とのコミュニケーション
講師 :山本 将揮 氏 (高遼会病院)

令和3年度 豊中市理学療法士会 第2回症例検討会
1月 26 @ 7:00 PM – 8:30 PM

令和3年度 豊中市理学療法士会 第2回症例検討会
若手もベテランも大歓迎!
脳卒中の臨床をみんなで考えよう!!

平素より本会活動に格別のご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 豊中市理学療法士会では、昨今の新型コロナウィルス感染症の状況を鑑み、独自の症例検討会をオンラインにて開催させていただきたく存じます。
 つきましては、下記に研修概要を掲載いたします。皆様、是非奮ってご参加ください。
症例検討会概要:脳卒中理学療法をテーマに3施設より1例ずつ症例発表を行い、座長3名を中心に、参加者皆様でZOOMを通じて議論、意見交換などを行う
① 「全身状態が不安定かつ意欲低下を顕著に呈した慢性期脳卒中利用者に対し、関わり方に配慮して在宅生活の継続を目指した訪問リハビリの一経験」
座 長 松永 裕貴 (栗本整形外科)
発表者 上田 健志朗(篤友会リハビリテーションクリニック)
② 「左中大脳動脈領域の脳梗塞症例に対し、長下肢装具とゲイトジャッジを活用した事で、歩容改善と屋外T字杖歩行自立に至った一症例」
座 長 伊藤 正人(豊中平成病院)
発表者 竹中 康大(豊中平成病院)
③ 「右放線冠にラクナ梗塞を呈した症例 -歩行に着目して-」
座 長 春田 麻結(千里中央病院)
発表者 中山 雄太(千里中央病院)

診療参加型臨床実習における指導者育成研修会
1月 26 @ 7:00 PM – 8:30 PM

プログラム
19:00~19:05 開会の挨拶/事務連絡
19:05~19:45 講演1「診療参加型臨床実習について」
演者:都留貴志(臨床実習教育部部長/市立吹田市民病院)
19:45~20:05 事例報告1「運動スキルの指導経験」
演者:小原滉平(臨床実習教育部/大野記念病院)
20:05~20:25 事例報告2「認知スキルの指導経験」
演者:亀甲健太朗(臨床実習教育部/市立吹田市民病院)
20:25~20:30 閉会の挨拶/事務連絡

1月
27
2021年度 福島区理学療法士会 第二部新人教育プログラム研修会
1月 27 @ 6:00 PM – 7:00 PM

福島区理学療法士会主催

2021年度 新人教育プログラム研修会のご案内
※新人教育プログラムC2 運動器疾患の理学療法の単位取得が可能です

【テーマ】
『人工関節の理学療法』

【講師】
講師:北河 朗(大阪整形外科病院)

【内容】
人工関節の理学療法を実践するにあたり必要な基礎知識から介入ポイント、注意点を中心にお伝えします。

1月
28
島本町理学療法士会 新人教育プログラム研修会
1月 28 @ 6:38 AM – 7:38 AM

第1部 
C-1 「臨床に活かすための表面筋電図の基礎」
講師: 奥田 正作氏 (水無瀬病院)
第2部      
C-2 「臨床に活かすための運動器エコーの基礎」
講師: 横森 正喜氏 (水無瀬病院) 

1月
30
池田・豊能・能勢理学療法士会 新人教育プログラム
1月 30 @ 12:00 AM – 11:59 PM

1部『臨床向け呼吸リハビリテーションを学ぶ』京都橘大学 堀江淳 先生
2部『大腿骨近位部骨折~術後の運動療法と徒手療法』巽病院 野口周寛 先生

令和3年度 第3回 生涯学習センター主催研修会
1月 30 @ 6:27 AM – 7:27 AM

講 師: 伊佐地 弘基 氏(i-soul works)

第3回は「足部機能と靴の重要性」というテーマで、伊佐地弘基先生にご講演いただきます。靴は足部を保護する履き物というだけでなく、立位や歩行の障害、子供の発達・発育、高齢者の健康維持・増進、スポーツパフォーマンスの向上において、意外とその重要性は見落とされがちです。本テーマである「足部機能と靴の重要性」について、我々がしっかりと認識し、対象となる方々に還元できることを期待し企画いたしました。
今回はオンライン開催に加え、オンデマンド配信も行います。参加人数の制限もございませんので、ぜひご参加ください。

八尾市・柏原市理学療法士会研修会
1月 30 @ 9:00 AM – 12:00 PM

講師:赤羽根 良和 氏(所属:さとう整形外科)
テーマ:臨床に多い腰痛について~椎間関節症・圧迫骨折を含む~

2月
6
令和3年度 堺市理学療法士会 生涯学習プログラム研修会
2月 6 @ 12:00 AM – 11:45 PM

テーマ「脳血管障害患者の理学療法」
講師:田中 宏明 氏(関西医科大学)

第2回 東支部 新人症例発表会
2月 6 @ 12:00 AM – 11:45 PM

今年度も若い会員の育成を目的とした症例発表会を行います。ふるってご登録下さい。日ごろお困りの担当症例、研究などについて解決策のご提案、学会発表の予演会としてもご利用ください。
今年度はコロナ禍の社会状況を鑑み、全面オンライン形式での発表会となります。発表方法は、口述のみでパワーポイントを利用して頂きます。

住吉区理学療法士会 脳卒中研修会
2月 6 @ 1:00 PM – 4:10 PM

【第1部】13:00-14:30
「超急性期からの脳卒中リハビリテーション」
  講師:高尾 弘志 (大阪急性期・総合医療センター)
【第2部】14:40-16:10
「どうする!?脳卒中リハビリテーションとアウトカム~シームレスな関わり 
 を目指して」
講師:徳田 和宏 (阪和記念病院)

第1部 高尾先生より
 本邦の高齢化は増加の一途を辿っており、高齢者人口は国民の1/3にも達しています。これらの高齢者が多様な疾患を有していることは皆様周知と思いますが、循環器系疾患における医療費は約20%にまで達しています。徐々に脳血管疾患による死亡者は低下傾向を示していますが、介護が必要となる主な原因として大きな割合を占めています。
 介護負担軽減、機能向上に向けて超早期からのリハビリテーションが重要であることが、昨今謳われていますが果たして意味のあるものとなっているかを一緒に考えてみたいと思います。急性期リハビリテーション自体が方法論となっていないか?どのような指標を基にリハビリテーションを進めていけばいいのか?ぜひこのような観点で双方向性に皆様と情報共有、討論していきたいと考えています。

第2部 徳田先生より
昨今、Evidence based practice(EBP)に基づいた介入がリハビリテーション領域でも求められています。介入の効果を検証するためにはアウトカムが必須となります。では一体どのようなアウトカムが推奨され使用していけばいいのでしょうか?これらの理解が少しでも深まるよう進めていきたいと思います。
 本講義は2部構成として考えています。第1部ではアウトカムの種類や精度を判断するための知識を確認し、先行研究も使用しながら共有したいと思います。脳卒中ガイドラインからコアアウトカムについて触れてみたいと思います。そしてアウトカムの測定から臨床へどのように活用していくか、実際の知見を交え紹介したいと思っています。
 オンラインでの長丁場な講義となりますが、適度に休息もとり参加者の方に少しでも有益な時間となるよう進行したいと考えております。何卒、よろしくお願い致します。

2月
13
第2回 中支部 新人症例発表会
2月 13 @ 9:00 AM – 3:30 PM

2021年11月吉日
中支部新人症例発表会実行委員会

中支部会員 各位

下記の日程で中支部新人症例発表会が開催されます。2019年度より大阪市は全体でひとつの支部となり、第1回中支部新人症例発表会の開催準備を進めておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大のため残念ながら中止となりました。2021年度新人症例発表会はオンラインでの開催となります。演者は5年目以内の先生方であり、演題数は70演題を超える予定となっています。是非中堅層以上の先生方にも多くご参加をいただき、励ましの言葉をかけていただくと同時に若手の教育の場となるようにご指導を戴ける機会としていただければと思います。
当日は途中参加も可能ですので、是非お誘いあわせの上でご参加ください。

第2回中支部新人症例発表会
2月 13 @ 9:00 AM – 3:30 PM

2022年1月吉日
中支部新人症例発表会実行委員会

中支部会員 各位

下記の日程で中支部新人症例発表会が開催されます。2021年度新人症例発表会は新型コロナウイルス、オミクロン株の市中感染報告を受け、ライブでの動画発表形式となります。演者の方も入室されますので質疑応答はライブで行います。是非中堅層以上の先生方にも多くご参加をいただき、励ましの言葉をかけていただくと同時に若手の教育の場となるようにご指導を戴ける機会としていただければと思います。
当日は途中参加も可能ですので、是非お誘いあわせの上でご参加ください。

2月
20
羽曳野市理学療法士会 生涯学習プログラム研修会
2月 20 @ 9:30 AM – 12:30 PM

テーマ:高齢心不全患者に対する新しい心臓リハビリテーション
    〜最新の知見に基づく評価と介入の理論と実践〜
講師:内藤 紘一 氏(名古屋女子大学)

2021摂津市理学療法士協会新人教育プログラム研修会
2月 20 @ 10:00 AM – 12:15 PM

2022年2月20日(日) 10時00分~11 時00分
C-4 高齢者の理学療法
「高齢者の理学療法とリハビリテーション栄養」
講師:摂津医誠会病院 理学療法士 川薫先生

2022年2月20日(日) 11時15分~12 時15分
C-5 地域リハビリテーション
「退院後の生活を見据えた理学療法評価」
講師:近畿リハビリテーション学院 理学療法士 森谷伸樹先生

重度片麻痺者の予後を改善させる基本動作練習
2月 20 @ 10:00 AM – 11:30 AM

重症片麻痺患者の基本動作の予後は極めて不良と言われており,最近の調査においても,下肢Br-stageがⅢ以下であった症例のうち,寝返り・起き上がりが自立した者は30〜34%との報告があります.本研修会では,応用行動分析学を活用した,重症片麻痺患者の予後を改善させる基本動作練習について解説いたします.
講師:加藤宗規先生(了徳寺大学理学療法学科教授,行動リハビリテーション研究会理事)

2月
22
羽曳野市独自新人教育勉強会
2月 22 @ 6:30 PM – 7:30 PM

テーマ:内部障害の理学療法~基本のキ~
講師:大木 敦司氏(国家公務員共済組合連合会 枚方公済病院)

2月
26
茨木市理学療法士会 生涯学習研修会
2月 26 @ 1:00 PM – 4:10 PM

来年2022年2月26日(土)に茨木市理学療法士会主催の生涯学習研修会を開催いたします。
「がんのリハビリテーションとリンパ浮腫」というテーマで高木啓至先生(大阪大学医学部附属病院)と常盤紗恵子先生(訪問看護ステーションいこいの森)よりご講義頂きます。講義と実技を踏まえた内容となっておりますので、ふるってご参加いただけますよう宜しくお願いいたします。
申込については,茨木市理学療法士会HPまたは,チラシ(PDF)のURL,QRコードから申込フォームにご入力下さい。

2月
27
令和3年度 第4回 生涯学習センター主催研修会
2月 27 @ 6:32 AM – 7:32 AM

テーマ:『エビデンスに基づく認知症予防に向けた運動療法戦略』
講 師: 今岡 真和 氏 (大阪河﨑リハビリテーション大学)

第4回は「エビデンスに基づく認知症予防に向けた運動療法戦略」というテーマで、今岡真和先生にご講演いただきます。“高齢者の5人に1人が認知症”と言われる時代に突入しようとしています。理学療法士として認知症予防に寄与するためには、認知症予防に向けた運動療法戦略を理解し、ベストプラクティスを学びましょう。
今回はオンライン開催に加え、オンデマンド配信も行います。参加人数の制限もございませんので、ぜひご参加ください。

3月
3
羽曳野市理学療法士会 独自研修会
3月 3 @ 6:30 PM – 7:30 PM

テーマ:リハビリテーション専門職に望むこと~脊椎外科医の観点から~
講師:米井 数基氏(医療法人春秋会 城山病院 低侵襲脊椎センター 副センター長)

3月
6
令和3年度 岸和田市理学療法士会 生涯学習プログラム研修会
3月 6 @ 9:00 AM – 12:15 PM

テーマ:スポーツフィールドにおける理学療法士の役割

第1部「メディカルチェックを用いた足関節捻挫の再発予防戦略」
       医療法人Nクリニック 沼澤 俊 (RPT,JSPO-AT)
第2部「チームトレーナーとしての膝外傷予防の取組み」
       医療法人Nクリニック 田中 健一(RPT,JSPO-AT)

東京2020での理学療法士の活動など、近年、理学療法士がスポーツフィールドで活動する機会が増えてきている。本研修会はメディカルチェックを通じて、またチームトレーナーとしてスポーツフィールドで活動している実例やそこから得られた考察を通じ、それぞれに必要な準備、資質について、これからスポーツフィールドで活動したいと思っている理学療法士の参考になればという思いで企画した。また既に活動している理学療法士においては意見交換の場となり、互いにブラッシュアップできる機会としたい。

令和3年度岸和田市理学療法士会 生涯学習プログラム研修会
3月 6 @ 9:00 AM – 12:15 PM

テーマ:スポーツフィールドにおける理学療法士の役割

第1部「メディカルチェックを用いた足関節捻挫の再発予防戦略」
       医療法人Nクリニック 沼澤 俊 (RPT,JSPO-AT)
第2部「チームトレーナーとしての膝外傷予防の取組み」
       医療法人Nクリニック 田中 健一(RPT,JSPO-AT)

東京2020での理学療法士の活動など、近年、理学療法士がスポーツフィールドで活動する機会が増えてきている。本研修会はメディカルチェックを通じて、またチームトレーナーとしてスポーツフィールドで活動している実例やそこから得られた考察を通じ、それぞれに必要な準備、資質について、これからスポーツフィールドで活動したいと思っている理学療法士の参考になればという思いで企画した。また既に活動している理学療法士においては意見交換の場となり、互いにブラッシュアップできる機会としたい。

3月
13
2021年度 堺市理学療法士会研修会
3月 13 @ 10:30 AM – 12:00 PM

テーマ:「急性期理学療法の展開 -多疾患併存に対する評価と理学療法 症例から学ぶ-」
講師:福住 武陽 氏(大阪労災病院)