学会・研修会・講習会情報

府士会員、センター会員、市区町村士会員の学術活動、臨床活動、研究活動に資する、学会・研修会・講習会等の開催情報を掲載しています。

10月
23
平野区理学療法士会 第1回,第2回 新人教育プログラム研修会
10月 23 @ 3:10 PM – 4:10 PM

第1回新人教育プログラム研修会では「高齢者の加齢に伴う身体機能の変化と生活環境支援について~在宅療養における評価とアプローチ」(該当ポイント:C-4高齢者の理学療法)を、第2回新人教育プログラム研修会では「訪問における理学療法士の役割と可能性~訪問看護STで勤務する理学療法士の視点」(該当ポイント:C-5地域リハビリテーション)を開催いたします。
講師は、ハピネス訪問看護ステーション 理学療法士 宮永庸平氏にお願いしております。

11月
10
令和3年度 新人教育プログラム後期研修会
11月 10 @ 7:00 PM – 9:10 PM

第一部 (C-1領域)「学び尽くせ!脳卒中片麻痺歩行の理学療法」
講師;谷山昴氏(関西リハビリテーション病院)

第二部 (C-3領域)「心血管疾患における理学療法を行う上でのリスク管理-確認するべき評価とその意味-」
講師 大場潤一郎氏(オーガニッククリニック)

11月
12
枚方市理学療法士会 新人教育プログラム後期研修会
11月 12 @ 6:30 PM – 8:40 PM

第1部 18:30~19:30 
「内部障害の理学療法基本のキ」
講師:大木敦司氏(KKR枚方公済病院) 
3学会合同認定呼吸療法士 修士(学術)

第2部 19:40~20:40 
「高齢者の嚥下障害に対する理学療法」
講師:井上聖一氏(訪問看護ステーション彩ひらかた)
脳卒中認定理学療法士

11月
22
2021年度 高槻市理学療法士会主催新人教育プログラム研修会
11月 22 @ 7:00 PM – 9:00 PM

C-1 回復期と生活期における脳卒中の理学療法 愛仁会リハビリテーション病院 重盛 大輔先生 
C-2 股関節疾患の理学療法 みどりヶ丘病院 永井 康悟先生 

11月
24
住之江区理学療法士会 新人教育プログラム研修会
11月 24 @ 6:00 PM – 8:10 PM

第一部 (C-5領域)「地域における府士会の活動」
講師:山川智之氏(南大阪病院)

第二部 (C-4領域)「高齢者の転倒について理学療法士が知っておくこと」
講師:国宗翔氏(森ノ宮医療大学)

11月
25
新人教育プログラム研修会(C-3.C-5)
11月 25 @ 6:50 PM – 9:00 PM

第1部
内部障害の理学療法(C-3)
講師:清水将史 
内容:循環器疾患におけるリスク管理 バイタルの解釈とフィジカルアセスメント

第2部
地域リハビリテーション(C-5)
講師:起田陽子 
内容: 住環境支援に役立つ建築の知識

11月
26
2021年度 堺市理学療法士会 新人教育プログラム研修会
11月 26 @ 7:00 PM – 9:00 PM

テーマ:「肩関節障害の理学療法」
講師:植田 篤史 氏(阪堺病院) 

12月
1
城東区理学療法士会主催 2021年度 第1回 新人教育プログラム研修会
12月 1 @ 12:00 AM – 11:59 PM

城東区理学療法士会主催新人教育プログラム研修会を本年度は2度開催します。

第1回研修会
テーマ:「スポーツ理学療法に対する医療機関での関わり方」
講師:法所 遼汰氏(牧整形外科病院)

12月
3
令和3年度 新人教育プログラム後期研修会
12月 3 @ 12:00 AM – 11:45 PM

第1部(C-2領域):18:20〜19:20 「TKA 術後の診かた・考え方(膝関節屈曲制限について)」
山嵜夏樹氏(玉井病院)
第2部(C-4領域):19:35〜20:35 「高齢者の理学療法」
柳根建博氏(介護老人保健施設 メデケアタマイ)

12月
8
城東区理学療法士会主催 2021年度 第2回 新人教育プログラム研修会
12月 8 @ 12:00 AM – 11:59 PM

城東区理学療法士会主催新人教育プログラム研修会を本年度は2度開催します。

第2回研修会
テーマ:「脳卒中者への評価・治療」
講師:藤井 崇典氏(森之宮病院)

12月
10
令和3年度 新人教育プログラム後期研修会
12月 10 @ 7:00 PM – 9:10 PM

第1部 (C-4領域)「高齢者の理学療法~バランスと転倒予防~」
講師:堀江 淳氏(嘉誠会ヴァンサンク ポルテ)
概要:高齢者の理学療法は、高齢者の諸問題を包括的な視点から捉え、アプローチしていく事が必要です。その諸問題の一つに転倒があり、バランスを崩し転倒したと言う話はよく耳にします。「バランス」について学ぶ事が、高齢者がなぜ転倒しやすいのか、どうすれば転倒を予防出来るのかを考える一助になればと思います。今回は、高齢者の特徴を解説し、バランスの基礎から評価、臨床応用について、解説させて頂きます。

第2部 (C-1領域)「中枢神経疾患の理学療法~小児から成人まで~」
講師:佐藤 邦洋氏(大阪発達総合療育センター)
概要:脳性まひ児者と脳血管障害後遺症者への理学療法の違いについて、定型発達や姿勢制御を交えて解説し、評価から治療へのつなげ方を提案します。

12月
12
大阪府理学療法士会生涯学習センター主催 第3回新人教育プログラム研修会
12月 12 @ 11:00 AM – 4:30 PM

「D-2:生涯学習と理学療法の専門領域」 11:00~12:00
講師:射場 一寛 氏((一社)大阪府理学療法士会生涯学習センター 教育局担当理事)
「D-3:理学療法の研究方法論」 13:00~14:00
講師:松木 明好 氏(四條畷学園大学)
「D-1:社会の中の理学療法」 14:15~15:15
講師:松野 正幹 氏(北大阪医療生活協同組合 照葉の里箕面病院)
「E-2:コーチングとティーチング」 15:30~16:30
講師:永吉 啓吾 氏(大阪医療福祉専門学校)

12月
15
八尾市・柏原市理学療法士会研修会
12月 15 @ 6:30 PM – 9:45 PM

講師:山田 知憲 氏(所属:貴島病院本院)
テーマ①『スポーツ理学療法 “スポーツ傷害の発症~復帰まで”』

当院には多くのスポーツ傷害を患った患者様が来院されます。患者様によってスポーツの種類や競技レベル、重症具合など様々です。当院ではそういった患者様に対してただスポーツ傷害の治療をするだけでなく、再受傷の予防やパフォーマンスの向上も含めてスポーツ復帰としています。そのために、スポーツ復帰に向けて疾患ごとに筋力やパフォーマンステストなどの復帰基準を設け、その基準に満たすまでできる限りサポートしています。当院での理学療法士としてスポーツ傷害に対しての関わりをいくつかの疾患ごとの基礎知識なども交えてご紹介します。
テーマ②『理学療法士のスポーツ現場での関わり “現場と診療との懸け橋”』
昨今、理学療法士がスポーツ現場で活躍することも多くなってきています。スポーツの現場での理学療法士の関わり方として、ボランティアとして試合会場でのメディカルスタッフの一人として関わることや選手個人もしくはチームに普段から帯同するなど様々な形があります。理学療法士が病院やクリニックなどの医療機関ではなくスポーツの現場に出ることで、知識や技術が活かされることが多くあります。今回は私自身が実際にチームに帯同して活動している内容をご紹介し、病院やクリニックでの活動との違いや必要な要素など実体験を通してお伝えしたいと思います。

1月
20
2021年度 福島区理学療法士会 第一部新人教育プログラム研修会
1月 20 @ 6:00 PM – 7:00 PM

福島区理学療法士会主催

2021年度 新人教育プログラム研修会のご案内
※新人教育プログラムC3内部障害の理学療法の理学療法 の単位取得が可能です

【テーマ】
『心不全のフィジカルアセスメント~運動負荷設定の考え方』

【講師】
講師:荒明 拓(運動器ケア しまだ病院)

【内容】
心疾患の中でも、死亡率の高い『心不全』においてフィジカルアセスメントでの早期発見や運動負荷設定の考え方についてです。大切なことは『見逃さない』、『聞(聴)き逃さない』。患者様の訴え・全身症状より、チェックポイントをお伝えします。

1月
27
2021年度 福島区理学療法士会 第二部新人教育プログラム研修会
1月 27 @ 6:00 PM – 7:00 PM

福島区理学療法士会主催

2021年度 新人教育プログラム研修会のご案内
※新人教育プログラムC2 運動器疾患の理学療法の単位取得が可能です

【テーマ】
『人工関節の理学療法』

【講師】
講師:北河 朗(大阪整形外科病院)

【内容】
人工関節の理学療法を実践するにあたり必要な基礎知識から介入ポイント、注意点を中心にお伝えします。