第59回近畿理学療法学術大会
研修会 講演会情報

学会・研修会・講習会情報Schedule

12月
15
令和元年 第3回新人教育プログラム研修会
12月 15 @ 9:00 AM – 5:00 PM

一般社団法人大阪府理学療法士会生涯学習センター
研修理学療法教育部からのお知らせ

研修理学療法教育部 部長 大槻 哲也

令和元年 第3回新人教育プログラム研修会のご案内

研修会内容:講義時間・研修会内容・講師については変更の場合がございます。

1)「C-3 内部障害の理学療法」9:00~10:00
講師:高田 寛彬氏(大阪医療福祉専門学校)
2)「D-3 理学療法の研究方法論」10:15~11:15
講師:松木 明好氏(四條畷学園大学)
3)「C-2 運動器疾患の理学療法」11:30~12:30
講師:高見 武志氏(城山病院)
4)「D-2 生涯学習と理学療法の専門領域」13:30~14:30
講師:塩津 貴之氏(研修理学療法教育部)
5)「E-1 臨床実習指導方法論」14:45~15:45
講師:三木屋 良輔氏(森ノ宮医療大学)
6)「B-3 統計方法論」16:00~17:00
講師:元石 光裕氏(研修理学療法教育部)

研修会内容、講義時間および講師についての最終的なご案内は、大阪府理学療法士会生涯学習センターホームページ、大阪府理学療法士会ホームページ「学会・研修会・講習会のお知らせ」に掲載いたしますので事前にご確認下さいますようお願い致します。

12月
17
住之江区理学療法士会第1回研修会
12月 17 @ 6:30 PM – 7:10 PM

住之江区理学療法士会 第1回研修会
開催のお知らせ

住之江区理学療法士会
会長 坂口 史紘

 本年4月より大阪府理学療法士会の下部組織として、大阪府下の市区町村において理学療法士会が設立され、住之江区においても、近隣施設の有志において住之江区理学療法士会の設立を行いました。
 つきましては、2019年度住之江区理学療法士会の定期総会に先立ち、「注意すべき不整脈のみかた」をテーマに森ノ宮医療大学の堀竜次氏による研修会を企画致しました。お忙しい折大変恐縮ですが、職場や近隣施設の会員にもお声掛けの上、ご参加いただけると幸いです。

テーマ:「注意すべき不整脈のみかた」      
講 師:堀竜次 氏(森ノ宮医療大学)

12月
18
肩関節疾患の理学療法 ~全ての人々に挙上のよろこびを~①、②
12月 18 @ 6:45 PM – 8:45 PM

講師
山﨑 航 、東藤 真理奈 (関西医療大学)
西田 大希 (ひがしはら整形外科リウマチクリニック)

12月
21
阪南市・岬町理学療法士会 特別研修会
12月 21 @ 9:30 AM – 3:30 PM

講師:吉尾雅春氏(千里リハビリテーション病院 副院長)
テーマ:「脳のシステム障害と理学療法」

1月
23
『慢性疼痛について考える』~腰部痛を中心に~
1月 23 @ 12:00 AM – 12:00 AM

概要:
慢性疼痛がADL・QOLに影響することは容易に想像がつくと思う。2010年度の調査結果では、慢性疼痛部位は腰部が最も多く、患者数は推計2,315万人であると報告され、社会問題化している。
今回の研修では、慢性腰部痛や認知行動療法を例に紹介し、理学療法士として、何ができるか?を考えていきたい。

Key word:
慢性疼痛・腰部痛・認知行動療法

講師:
なかつか整形外科リハビリクリニック
山本 将揮 先生