第4回生涯学習研修集会
研修会 講演会情報

学会・研修会・講習会情報Schedule

5月
29
摂食・嚥下障害に対する理学療法の理論と実際
5月 29 @ 9:00 AM – 4:10 PM

当該分野では依然 言語聴覚士の分野として扱われていることが多い。しかし、誤嚥性肺炎を防止するという立場でみると、超急性期から訪問まで理学療法士の関わりが必要不可欠と考える。今回、これまでの摂食嚥下障害に対する取り組みを提示し、理学療法士が行う治療手技について概説する。講習会の到達目標は、下記とする。当該領域の生理・解剖・運動学を理解し、評価・治療に応用する。またチームアプローチとしての理学療法士の役割を理解し、次の日の臨床にて使用できる知識と技術を習得する。
1コマ目:当該領域の解剖学と治療アプローチの関係を講義。2コマ目:小児の嚥下と呼吸の関係についての講義。3コマ目:主に脳卒中後の摂食・嚥下に関わる解剖及びその神経機構。座位姿勢の作り方や食事場面への介入などを提示。姿勢調整のみではなく、徒手的理学療法を用いた治療の実際を講義する。4コマ目:口頭指示による体験学習。受講生は講師の口頭指示に従い動くことにより、嚥下治療に必要な背臥位のポジショニングと起居動作を呼吸運動と絡めて実施する。

講師:
宮本明(西九州大学大学院 生活支援科学研究科)
森憲一(おもて整形外科・骨粗鬆症クリニック)

6月
4
臨床における徒手理学療法理論と技術の導入
6月 4 @ 2:00 PM – 8:30 PM

諸外国に比べ我国における徒手理学療法教育は卒後教育に委ねられることが多く、その学習・習熟度合いは個人差が大きいものと思われる。徒手理学療法の理論背景を理解し、関節機能不全ならびに筋・筋膜機能不全の評価と治療の基本的な技術の習得を促すことを目的とする。
※本講習会は、6月4日(土)と8月7日(日)の2日間で1つの講習会となります。
詳細は「理学療法士講習会 概要資料はこちら」をご参照ください。

14:00~15:30 講義1:徒手理学療法の理論背景(増井)
15:40~17:10 講義2:関節機能不全の評価と治療(増井)
17:20~18:50 講義3:筋・筋膜機能不全の評価と治療(公森)
19:00~20:30 講義4:症例提示(肩)・まとめ・質疑応答(公森)
講義ごとに入退室管理としての受講確認と合わせて理解度チェックを実施する予定です。

講 師:増井健二 認定理学療法士(徒手理学療法)、堺若葉会病院
    公森隆夫 認定理学療法士(徒手理学療法)、市立備前病院(岡山県)

6月
11
セラピストの運動体験による起居動作の分析と治療展開~フェルデンクライスの考えを基にした試み~
6月 11 @ 2:00 PM – 8:20 PM

理学療法に必要な起居動作を、知識ではなくセラピスト自身の身体(運動体験)で学習する。体験から得られた経験と分析から、主に起居動作の治療的誘導のバリエーションを増やせることを目的(到達目標)とする。
ヨガやピラティスのように、講師の口頭指示に従い受講生が動き運動を体験する フェルデンクライスの考えをもとに講習会を実施する。講師は、国際資格であるフェルデンクライスプラクティショナー2名により講義を行う。1コマ目は、フェルデンクライスの考え方やアプローチ、理論的背景を講義する。2~4コマ目:口頭指示により、受講者が床上にて寝返り・起き上がりの運動を行う。体験を通じ 治療的誘導の実際を伝達し、明日からの臨床にて使用できる技術を伝達する。

講師:
前島寛和(東京都リハビリテーション病院)
森憲一(おもて整形外科・骨粗鬆症クリニック)

6月
13
生涯学習センター主催研修会 前期研修【A1】「職業人と倫理」
6月 13 @ 7:00 PM – 8:30 PM

講師 射場 一寛 氏(生涯学習センター 理事)

6月
14
生涯学習センター主催研修会 前期研修【A3】「人間関係および接遇」
6月 14 @ 7:00 PM – 8:30 PM

講師 井阪 美智子 氏(生涯学習センター 理事)