理学療法で支える豊かな暮らし。大阪府理学療法士会生涯学習センターは、理学療法士への支援・学術事業に特化した組織です。
8月
21
第33回兵庫県理学療法学術大会
8月 21 2022 @ 12:00 AM – 10月 7 2023 @ 2:02 AM
2月
5
第62回近畿理学療法学術大会「理学療法の創発 ―医療・介護・予防分野での可能性―」
2月 5 @ 12:00 AM – 12:00 AM

令和4年11月14日

会員 各位

公益社団法人 日本理学療法士協会
第62回近畿理学療法学術大会
大会長 安井 常正
準備委員長 堀 晋之助

第62回近畿理学療法学術大会事前参加登録開始のお知らせ(第3報)

 時下、会員各位におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
第 62 回近畿理学療法学術大会(ハイブリッド開催)を下記のとおり開催いたします。また、皆様のご協力のお陰で多くの演題数の応募がありました。この場をお借りして感謝申し上げます。
 今回は 11 月 1 日から事前参加登録を開始致しましたのでご案内をさせて頂きます。

2月
10
肩関節障害に対する理学療法~凍結肩と拘縮肩の新たな定義,関節可動域障害に対する評価とアプローチ~
2月 10 @ 7:00 PM – 8:30 PM

肩関節周囲炎は、痛みと拘縮による機能障害を呈した病態の総称であるが、明らかな外傷の既往や腱板炎などの他の肩関節疾患が鑑別されたいわゆる五十肩や拘縮肩、凍結肩の病態が実状であろう。「拘縮肩と凍結肩: 定義および適正な学術用語」について、第47回日本肩関節学会(2020年度10月)で、同学会学術委員会から報告されたので紹介する。また、炎症期(疼痛期)、拘縮期、緩解期(回復期)の3病期の特徴を整理し、解剖学的視点をもとに評価・治療のポイントについて述べる。

本研修会は、著作権等の権利関係上アーカイブ動画配信はいたしません。
ご了承ください。

講師:西川 仁史 氏(甲南女子大学)
カリキュラムコード:58 機能障害
セミナーID:102807 講義番号:229056
登録ポイント1.5ポイント 認定専門点数1.5点

賛助企業会員