学会・研修会・講習会情報

高齢化社会の理学療法―循環・呼吸をどう捉えるか―

過去数年にわたって行ってきた講習会をさらにブラッシュアップ、内容を刷新しトピックスも含め講義を構成する。
第一講:循環器・呼吸器を診るための考え方(解剖学・生理学を中心に)
第二講:循環器と呼吸器の接点を考える
第三講:臨床場面での身体所見の評価―心不全に着目して―
第四講:症例検討―臨床場面から評価を考える―(ワーク形式)

高齢化社会を迎え、循環器・呼吸器疾患患者の急増が危惧される時代にあって、急性期・回復期・生活期のいずれの環境の理学療法士にも必要とされる知識や技術の基礎を学び、習得を促す。また、臨床の場で出会う具体的な症例をワーク形式で学び、臨床に活かせる知識としてアウトプットしていくこと。これを通し、臨床でのエビデンスや基礎医学に基づいた正しい思考過程を習得し、次の日からの臨床で生きる、循環器・呼吸器の診方と理学療法士としての対応の仕方を身につけることを目標とする。また、それを自身の環境で伝えられるよう導く。

イベント名称

高齢化社会の理学療法―循環・呼吸をどう捉えるか―

開催日時

2023年1月22日(日) 9:30-17:00

開催場所

オンライン開催

対象

日本理学療法士協会会員および会員外理学療法士

定員

75名

参加費

協会会員:3,000円 協会会員外:5,000円

備考

単位認定、履修ポイント付与予定

申込期間

未定(申し込み方法決定後に決定予定)

申込方法

事前申込

申込方法:未定

申し込み先:未定

申し込み注意事項:キャンセルについてはいかなる理由でも受講費の返金はできません。またお申し込みに使用されるメールアドレスは必ず連絡可能なものをご使用ください。また、オンライン開催のためPC、イヤホンの使用とインターネット環境の整備をお勧めします。

お問い合わせ先

問い合わせ:村田雄二
メール:riha.bh.seichokai@gmail.com